忍者ブログ

ドライブまにあ「花鳥風月」_matsu's BLOG_

The Drive of Life,Your smile calls the fortune ドライブと車中心の人生日記です。ドライブの相棒は911カレラです。

G30_New 523d Luxury試乗

新型発表から少し時間も経ち試乗も楽に出来るかな?なんて思いつつも
年度末で忙しいかなぁ~なんて気にしながらも担当のKくんに連絡を取って、ようやくクーペまにあの俺も気になってたニュー5シリーズ、G30の523d Luxuryに試乗して来たのでファーストインプレッションを記載しておこうと思う。
結論から言うと結構(・∀・)イイネ!!なセダンでしたemoji
最近のグリルとヘッドライトが繋がったデザインが好きに成れずにいたが今回のG30はそれなりにカッコよく高級車らしくって好感を持っていた。
前モデルのF10も俺的には物凄く好きなデザインで「らしさ」って言うのを感じてた。
が、やはり今回出た新型の5シリーズはさすがにモダンで一気に先代モデルを古臭く感じさせるほどの変化がエクステリアから感じた。まぁ、ミニ7シリーズ的なフォルムが嫌だって言う人ならいざ知らず。
新型は正直カッコよく見えるので、試乗された方々の感想を確認してみると....



にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
_/_/_/_/_/_/BMW M235i _/_/_/_/_/_/

試乗された方々の評価、感触は良く前モデルのオーナーの人は
「見るんじゃなかった。。。」って言うお客さんも多いそうだ。
確かに前述の通り、G30が発表されるまではあれだけ上質、気品に満ちたデザインと
思っていたF10を発表と同時に古臭い車、型落ち感が強くなり、新型がいいねぇ~なんて
想いが強まったモデルだ。それは相当にBMWも売れ筋であり、売れて欲しい筆頭に入ろうかと言う5シリーズの力の入れ具合が伝わるエクステリアとインテリアだった。
ちょっと驚きは別の所にもあったのだけど....


ファーストインプレッションの星評価は以下です。
エンジン:★★★★☆ 
乗り味:★★★★☆
インテリア:★★★★☆
エクステリア:★★★★☆

 
けっこうに(・∀・)イイネ!!なディーゼルの高級車だ!
なぁ~って感じでした。
立派なフロントフェイスは7シリーズ同様に高級感もあり、威張りの効く
外観、内装はこの手の立派で豪華なセダン好きには快適なドライブと車を
眺めて満足感を与える。
エンジンなんかは二の次で立派さ、豪華さを優先です!って方は
乗り換えるのは当然の流れだ。と感じた。
最廉価モデルでも十分に満足されると確信しました。
1.エンジン
2リッター直列4気筒のディーゼルエンジンでも街乗りレベルでは全く過不足なく
運転もしやすいがやっぱり自車のM235のパワー、加速感と比較すると
ダルでもっさりしてるのは否めないが...
驚きの一つであるのがディーゼルエンジンフィーリングの向上。
ディーゼルにも拘わらず、それほど室内や車外でそのディーゼル色を払拭しており、相当にディーゼル風味を押さえこんでるのにはびっくりした。遮音に相当に気を使って居るんだろうなぁ~
ってのが感想。C220dの出来が良過ぎたので以前試乗した320dがあまりにもディーゼル色が濃かったのでBMWのディーゼルは・・・emojiうーン。。

アルピナD4を試乗した時も驚愕したけど、今回のG30の523dは素晴らしい出来に達してるな!
って感じた。
ただ、穏やかな加速、アクセルフィールはパワーの有る車を所有されてる方や現在、直6を
所有されてる方々は乗っても満足できんだろうって言う想いも有った。
それでも4気筒ディーゼルながらも静寂性と滑らかな回転フィールはBMWの高級車らしい。
反面、もっと排気音もボッボッってBMWらしい音を響かせて欲しいボクが居る(笑)
とりあえず途中からスポーツモードで走らせて、まぁこれくらい力強くないと...ネ!

 
2.乗り味
これまたF☓☓型からマイルドな乗り味に変わったBMWも更に進化した感があり
柔くもなく固くもなく、結構にしなやかさを増して完成の域に達し始めてる感も感じた。
以前からブログでも書いてるのだけどメルセデスはBMWっぽく、足回りを分かりやすくしっかり感を持たせる方向に振れ、BMWはややもすると柔さを感じるしなやかさに足回りを仕上げてる。
そうBMWはメルセデスっぽくなった。


驚きの二つ目が...
この結構にデカい5シリーズが案外に軽やかな身のこなしをする。
ハンドルも軽めだがパーツの軽量化をマグネシウムを使用してるとか言ってたと思うけど、その効果から軽さ、軽やかな身のこなしを感じ取り、軽量化に力を注いでる成果を感じる乗り味だった。一方、G11の740i試乗で感じた車底に鉄板と言う様な重厚さは感じない。
ま、軽いからかな??(笑)
乗ってしまえばボディーサイズの4945×1870×1480mmと言う大きさを感じさせない。そこらへんはいい車、ドライバビリティな車ではなかろうか?
3.インテリア
元々、BMWのインテリアの質感を良く感じ、豪華だよなぁ~って思わせてくれるのは
5シリーズからだよねぇ~って言う個人的な印象だったが今回のG30で質感、装飾に力を入れてる。って言うかメルセデスっぽさを随所に散りばめて、比較されても勝負出来る様にしてるんだろうなぁ~emojiと言う想いも有って試乗中、担当のKくんともそんな話をしてた。
もちろん、ベースのデザインはBMWらしいと言うか従来通りだけど頑なだったメーター周りも
デジタル、液晶化されてたり、室内の装飾がライバルたちと競合できる新しさを備えてる気がした。インスツルメント・パネルを取り囲むセンサテック素材のダッシュ・ボードも確かに豪華さを増し、雰囲気も良いと思える。
見て、乗って
「快適、静か、乗り心地いい。。」
そう感じたら買いでokな感じでしょうか?!


 
4.エクステリア 
外観の豪華さ、モダンさはF10モデルから比較すると変化もあり乗り換える衝動に駆られるには
十分なエクステリアデザイン。
キャラクターラインも一本追加されてるし
流麗なルーフラインとロングホイールベース、2本のキャラクターラインが
BMWらしい美しく上品なセダンで素敵に豪華に見せてくれてる。
 
5.その他
最新の技術も盛り込まれて、安全装備、自動運転等も興味深いが俺的にはそこに重要度は感じないが高級車を演出てる。部分自動運転、運転支援システムの採用は熾烈なEセグメントを戦える装備と言える。
センターパネルのディスプレイは10.2インチで、タッチパネル機能が備わり、個人的には
視認性も良いしBMWのナビは見やすく綺麗に感じるし好きだ。

繰り返しになりますが値段は上がったとは言えEセグメントで
この手のセダンが好きな方には買いでOKな車と言えます。
それと現在、F10のオーナーは相当に悩ましく4気筒オーナーならなおさら乗り換えたい気分になるのではないかと思えた試乗の時の印象です。
さて、永遠のライバルでありEセグメントの王者、ベンチマークであるEクラスに今回は後塵を浴びせる事が出来たのか?クーペまにあの俺でも、興味深いところなので近いうちにEクラスにも試乗しようと思っています。
それと、できたら今度は直6エンジン搭載の540iに乗ってみたいそんなニュー5シリーズでした。
やっぱり新しい車は素敵だなぁ~っとつくづく感じちゃったemoji俺はZ5が気になりますが..emoji

予想どおり、売れるだろうなぁ~!って感じと個人的にはエクステリアもEクラスより好みなので5シリーズの方が売れるんじゃないか!?と思った。



おさらいです。


BMW 523dラグジュアリー
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4945×1870×1480mm
ホイールベース:2975mm
車重:1700kg
駆動方式:FR
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:190ps(140kW)/4000rpm
最大トルク:40.8kgm(400Nm)/1750-2500rpm
タイヤ:(前)245/45R18 100Y/(後)245/45R18 100Y(ミシュラン・プライマシー3 ZP<ランフラット>)
燃費:21.5km/リッター(JC08モード)
0-100km/hr:7.5秒
価格:768万円



購入検討されてる方々に参考になれば幸いです。
でも、必ず試乗してねemoji

拍手[12回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア











にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

最新コメント

プロフィール

HN:
matsu
年齢:
58
HP:
性別:
男性
誕生日:
1961/09/05
職業:
ドライブまにあな会社員
趣味:
ドライブ&音楽♪
自己紹介:
ドライブまにあ『花鳥風月』道フェチ&ロック好き。

バーコード

カウンター

ブログ内検索


バックナンバー

アクセス解析

Copyright ©  -- ドライブまにあ「花鳥風月」_matsu's BLOG_ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]